プログラミングスクール評判 大人

DIVE INTO CODEの評判まとめ!転職・就職できない率は?合う人合わない人の結論

DIVE INTO CODEの評判をまとめました。

DIVE INTO CODEの社長さんをうちの旦那が知っているというのでまとめました。

旦那曰く、若いときは特に突き抜けた人ではなかったが、誠実性がありどちらかというと内向的な性格。
静かめな人だが内に秘めたものがあり自分が決めたことを堅実に取り組む性格だそう。
とにかく悪いことする人ではなく、旦那も社長をしてることを知ったときは応援したくなった、と言っていたので
そのへん人として信頼できるとのことですね。

そんな野呂社長はグロービス2020年の「第16回グロービス アルムナイ・アワード」に選ばれ、立派な社会貢献・功績を打ち立てております。
2015年に立ち上げたのがこのプログラミングスクール「DIVE TO CODE」であります。

調べまくった3つの結論!

  • 透明性が高く、社長もYoutubeチャンネルを展開しており素顔もわかる
  •  「教育訓練支援給付金」の対象講座でもあり、最大45~56万円のキャッシュバック(助成金)あり
  • 値段はそれ相応するが、コード習得以上のものを求めてる方。就職サポート・人間関係等も視野に入れている人にはいい

こんな方におすすめ!

  • 人間関係に不安があってなかなかプログラミングスクールに踏み出せない
  • 社長や社内が透明性高く、安心できるスクールを求めている
  • 安いと心配!高いと手が出ない!という人が、国の助成金制度使って、50万円前後のコースを20万以下で受講

こんな方にはおすすめできない!

  • コード覚えるだけなら自分でやった方が効率的と心から思える人
  • 人間関係まったく求めてないから、という人
  • 就職達成プログラム・新規事業創造プログラム以外だとオンライン不可なので渋谷に通えない人

\ 個別相談会参加はこちら /
【DIVE INTO CODE】

《記事は結論PRの下に続きます・・・》

\ 40スクール以上メタ分析して出した /
結論

編集
採用企業による評価1位⇒RUNTEQ
コスパ1位⇒LESLTO
チームで1つのゴール1位⇒DMM WEBCAMP
短期で転職1位⇒GEEK JOB
地方でも就職1位⇒CodeCampGate
中高年1位⇒TechGardenSchool
<<大人のコスパ表はこちら>>
キッズコスパ1位CREATE by KOOV
キッズ本物評価1位⇒Crefus
コスパバランス1位⇒プログラミングキッズ
<<キッズのコスパ表はこちら>>

DIVE INTO CODEの特徴を分かりやすくまとめ

DIVE INTO CODEとはどういうスクールか概要をテーブル表にまとめました。

項目DIVE INTO CODE
言語ruby,html,css,javascript,python
期間Webエンジニアコース(就職達成プログラム):4ヶ月
Webエンジニアコース(ベーシックプログラム):6ヶ月
受講スタイル通学、オンライン
マンツーマン指導一部あり
入学金Webエンジニアコース(就職達成プログラム):100,000(税込)
Webエンジニアコース(ベーシックプログラム):100,000 円(税込)
料金例Webエンジニアコース(就職達成プログラム):547,800(税込)
Webエンジニアコース(ベーシックプログラム):327,800 円(税込)
返金保証あり
就職・転職サポートあり
年齢制限なし
住所東京都渋谷区円山町28番4号大場ビルA館
公式HPhttps://diveintocode.jp

DIVE INTO CODEの料金

DIVE INTO CODEのコースは3種類となります。

それぞれ特徴をまとめました。

 就職達成プログラムベーシックプログラム機械学習エンジニアコース
料金入学金 100,000 円(税込)
コース料金 547,000 円(税込)
入学金 100,000 円(税込)
受講料 327,800 円(税込)
入学金 200,000 円(税込)
コース料金 877,800 円(税込)
学習期間フルタイム:4ヶ月間(土日祝以外)
パートタイム:10ヶ月間(木曜以外の平日、土日祝)
パートタイム:6ヶ月間(木曜以外の平日、土日祝)フルタイム:4ヶ月間(土日祝以外)
学習言語HTML・CSSシリーズ
Git/GitHubシリーズ
JavaScriptシリーズ
Rubyシリーズ
RDBMS / SQLシリーズ
Web技術入門シリーズ
HTML・CSSシリーズ
Git/GitHubシリーズ
JavaScriptシリーズ
Rubyシリーズ
RDBMS / SQLシリーズ
Web技術入門シリーズ
数学
-線形代数
-微分積分
-機械学習概要
-前処理
-オープンデータセット演習
-Sklearn
データサイエンスツール
-Jupyter Notebook
-Pandas
-Numpy
-Matplotlib(Seaborn)
-Kaggle EDA
受講スタイル通学講義通学講義通学講義
主なカリキュラム■フルタイム型
カリキュラム 4ヶ月間
入門Term 5Week
基礎Term 3.5Week
就職Term 8.5Week
■パート型
カリキュラム 10ヶ月間
入門Term 12Week
基礎Term 9Week
就職Term 19Week
カリキュラム 6ヶ月間
入門Term 12Week
基礎Term 9Week
・開始のSession
課題に関する理論説明あるいは、受講生からの質問への応答を行います。
・今日のKaggle発表
受講生の中から担当者を決めてデータ分析コンペティションのリサーチ結果を発表していただきます。Kaggleのトレンドを全体で協力しキャッチアップすることを目的とします。
・グループでの課題取り組み
受講生同士で相談しながら課題を解きます。就職後に求められるコミュニケーション能力と問題解決能力の育成を目的とします。
・終了のSession
受講生の中から担当者を決めて課題の進捗・成果共有を行っていただきます。それを受けての全体でのディスカッションと質疑応答を行います。
カリキュラムの特徴入門Term
プログラミングの基礎を学ぶ
基礎Term
一人で開発できるようになる
就職Term
現場力を身につける
カリキュラム 総学習時間378時間
入門Term
プログラミングの基礎を学ぶ
基礎Term
一人で開発できるようになる
事前学習
本コースに入る前の学習です。
本コース
3Termを600時間以上かけて学習します。
就職Term
ポートフォリオの作成、パートナーのご紹介、就職説明会などを行います。
無料相談の有無可能可能可能
無料体験or見学の有無可能可能可能

これらを見ると相場相応の値段ですが、注目は「教育訓練支援給付金」の対象講座でもあり、最大45~56万円を助成金としてキャッシュバックされるという点です。

これは受講完了時にキャッシュバックされるので最初に総額は入れる必要はあります。

 逆に言えば、キャッシュバックしてもらうことがモチベーションにもなるね。僕なら血眼で頑張るわ
 

これにより高すぎて手が出ないスクールでもなく、安すぎて心配すぎるスクールでもないという
非常に安心感あるスクールの位置づけとなります。

DIVE INTO CODEの学習スタイル

基本的に、「DIVER」という会員サイトでメンターに質問しながら進み
「基本のinput→課題でoutput」を繰り返していきます。

そして、ゼロからアプリケーション開発する「大課題」がいくつか存在するのもチカラを付ける魅力であります。

・授業(隔週の土日いずれか)全10回
・質問(営業日の10〜21時30分)
・オンラインチャット(営業日の13〜19時)
・その他オンラインイベントなど

出典:https://diveintocode.jp/blogs/DIVEINTOCODE/OnlineCourse

オンライン受講は可能か?

2021年5月現在では
Webエンジニアコースにある2つのプログラムでオンライン受講が可能です。

Webエンジニアコースの
・就職達成プログラム
・新規事業創造プログラム

この2つとなります。

■受講期間
10ヶ月

■サポート
・授業(隔週の土日いずれか)全10回
・質問(営業日の10〜21時30分)
・オンラインチャット(営業日の13〜19時)
・その他オンラインイベントなど

基本は「DIVER」という会員サイトでメンターに質問しながら、小課題をこなしていくこととなります。

DIVE INTO CODEの特徴・他にはないものとは

DIVE INTO CODEの特徴・他にはないものは何でしょうか?3つに絞ると以下があげられます。

  • コード習得に限らず、人間関係や効率的な学習習得システムが魅力的な点
  • 「教育訓練支援給付金」の対象講座でもあり、最大45~56万円を助成金としてキャッシュバックされる点
  • 社長のYoutubeチャンネルもあり透明性が高く安心感がある

ということかと思います。

マコなり社長も透明性ありなのはそうだけど、意外と他に顔出してまでやる人って少ないよね。顔出すと批判されるの覚悟があって、それをスルー出来るマインドが必要だからねえ。

DIVE INTO CODEの転職・就職できない率

結論から言いますと、転職・就職できない率は「だいたい入校した人の半分」と言ってよいかと思います。

DIVE INTO CODEの転職・就職できない率でも対応されています。
就職・転職サポートもしっかりあり、プログラム名を見ればわかるようになっています。

就職サポートのプログラムに関しては、具体的には記載はありませんが
口コミからわかることが

・提携あるWeb開発企業でのインターンを経験できる
・カリキュラム自体が、就職を前提とした形が組み込まれている(就職達成プログラム)
・自己分析から始まる、詳細な就職戦略を組み、面接対策も実施

口コミからは、細部まで就職戦略が作りこまれ、可能性あることをどんどんトライしていく様子がうかがえます。
ただし、就職活動には忍耐も必要だ、との念があるのは就職はプログラミングに限らず、そう簡単ではないからです(時代にもよります)

説明かいに参加でして非常に印象的だったのは、講師が具体的な数字をあげていたのですが
「受講した人の6割が最後まで課題をこなせて、そのうち8割が就職できた」
ということです。

これは現実的な数字だと思います。

例えば、0円スクールでは「半数が脱落します」と担当者が言っていましたので、ある意味、有料であっても1割あがるだけという
厳しい現実とも言えます。

しかし、覚悟があれば6割に入ることはできるのではないでしょうか。

DIVE INTO CODEの場所

それでは肝心の評判について見ていこう!
 

DIVE INTO CODEの評判をまず一言で言いますと「非常に良い」です。
社長のYoutubeチャンネルもありますので透明性も高く卒業生とのコミュニケーションも取れていて
雰囲気がいいのが伝わってきます。

DIVERという会員サイトをベースに進められますが、つまづいたらすぐに質問出来、メンターが答えてくれる仕組み等
うまくできていて、確実に力が付きやすいカリキュラムにもなっています。

気になる方は野呂社長のYoutubeチャンネルに登録すると良いかと思います。

Javaがオススメなんかーと思ったけど説得力あるね!パブリックスピーキング力もあって話が入ってきやすい

旦那の話や、ネットの口コミ、実際見学しに行った風景を見ても痛烈に感じたのは
「DIVE INTO CODEは、非常に良好な人間関係も期待でき、カリキュラムや卒業後のサポートも期待できる」
ということです。(もちろん100%とは言いませんが)

とにかく評価口コミ・を見ていきましょう

\ 個別相談会参加はこちら /
【DIVE INTO CODE】

DIVE INTO CODEの悪い評判

※以下はあくまで、評価した人の主観であります。最終的には総合的に相対的に判断してください。
※また、実際あるプログラミングスクール2個に通ったことのある私から言えることは「最後までやり通した人はやはりいい評価を与えたくなる」「しかし実際、チンプンカンプンで途中で挫折する人もそれなりにいる」というところであります。
通うなら覚悟を持ってやり通すことが必要。

受講料が高い

自分は受講してないですが、コース概要を見ると高すぎるように思えます。実際、いじって、実践でどんどん身に着けていく方が効率がいい場合もありますし、通って50万円も払うのはどうかと思います。
多分、補助金制度のことを知らない人の投稿
 

仕事をしながらだと期間が10ヶ月はかかる

自分はやるとしたら仕事と並行という形になりますが10カ月はかかりすぎです。もっと短期間のものを求めています。

その他

消去法で考えても「出題範囲外の知識」がないと解けない問題が複数あるよ。
試験合格だけが目標なら、模擬試験は無料サイトだけでいいかと
DIVE INTO CODE社さんが提供?しているG検定模試で9割いったけど、調べながらでも満点とれないものねえ
模試が難しいって
 

参考:twitter

DIVE INTO CODEの良い評判

DIVE INTO CODEの良い評判を分かりやすくまとめました。

無料カウンセリング段階から親身

カード決済に失敗したり迷惑かけっぱなしですが、入校しお世話になっています。

国の補助金制度がある

特に投稿は見当たりませんでしたが、やはりDIVE INTO CODEの最大の特徴である、「教育訓練支援給付金」での恩恵を受けている人は多いようです。

卒業発表会がある

最初のころと比べた自分の成長ぶりに驚いています

エンジニアに転職できた実例多

 分からないことはメンターさんにとことん付き合って頂きました。 就職活動にあたっては「30代未経験」という不利な条件を熱意とポテンシャルでカバーするため、レビューを参考にポートフォリオを逐次アップデート。 DICとご縁の深いWeb開発企業でのインターンも経験
Python3エンジニア認定データ分析試験
模試の活用法 は
PRIME STUDYが 実力チェック
DIVE INTO CODEが →試験慣れ・知識習得

PRIME STUDYは、ちゃんと理解してないと解けない問題が多いので、弱点把握に優れている
DIVE INTO CODEは、本試験に近い問題が出ます

全額返金制度あり

これも特に投稿はありませんでした。
条件がありますので確実に確認しましょう。
もちろん、これを前提に受講することはあり得ませんので、基本的に使う人はほとんどいません。

エンジニア仲間ができる

メンターもそうですが、オンラインコミュニティでできた同期の仲間と励まし合うことで前に進めた

講師の質が高い

メンターにもよるのかもしれませんが、私の場合は親身になって非常に的確なアドバイスをいただけて、自分の欠けていた視点をよく見抜いてくれて、絶対独学ではできなかった数々のことを乗り越えることができました。
びっくりしたのは、講義だけでなく学んだことを応用するために必要な情報の提供や細かいアフターサポートが充実していた

通い放題でいつでも質問出来るのが良い

非常に考えられた仕組で、DIVERで質問が早い返答がくるのがありがたい
10時〜22時まで自習室が開いていて講師の対応が良い

卒業後のサポートも素晴らしい

卒業後も自習室利用とオンラインでの質問が可能なのはすごすぎる
参考:twitter等 公式HP

その他SNSの気になるつぶやき

連載となっている漫画が公式から出ています。10回以上あります。

いいねーいろいろオープンで質問もしやすいから、安心感があるね。

DIVE INTO CODEに通うか迷ったら

DIVE INTO CODEに通うか迷ったら以下の5つをチェックしましょう。

☑希望するコースはあるか?
☑コースはオンライン対応か?
☑オンライン非対応の場合、渋谷まで通うことができるか
☑教育訓練支援給付金の対象者か?
☑就職できない人もいるが覚悟はあるか?

DIVE INTO CODEに合う人

  • 人間関係に不安があってなかなかプログラミングスクールに踏み出せない
  • 社長や社内が透明性高く、安心できるスクールを求めている
  • 安いと心配!高いと手が出ない!という人が、国の助成金制度使って、50万円前後のコースを20万以下で受講

DIVE INTO CODEに合わない人

  • コード覚えるだけなら自分でやった方が効率的と心から思える人
  • 人間関係まったく求めてないから、という人
  • 渋谷に通えない人(就職達成プログラム・新規事業創造プログラム以外だとオンライン不可なので)

DIVE INTO CODEの申し込みの流れ

1、説明会に参加(無料)
プログラミングスクールの説明・IT業界でのキャリア、エンジニアという仕事、最適な学習方法についてお話しします。

2、入学の手続き
入金確認後、学習に必要なカリキュラムとツールへご招待致します。

プログラミング開始

\ 個別相談会参加はこちら /
【DIVE INTO CODE】

DIVE INTO CODE以外を検討するなら

渋谷に通えない等、物理的な問題でDICE INTO CODEを断念する人もいるでしょう。
当サイトで調査して、おすすめをランキングしましたので以下に記載します。

大人向けスクールランキング

50スクール程見てわかったのが「目的や性格・レベルによってベストなものが全然違う」ということ。

そこで、一定条件以上の条件を満たす優良スクールについて、「1行」で特徴が明確にわかるように絞って 紹介していきますのであなたに最適なスクールをチョイスしてください!

※年齢制限にも注意 9割が31歳以下

無料スクール一覧

プログラマカレッジ ⇒無料就職評判1位/違約金なし/首都圏ITエンジニア転職/javaのみ

Geek Job ⇒スピード1位/違約金あり/口コミ多め/ITエンジニア

ネットビジョンアカデミー ⇒インフラ系1位/ネットワークエンジニア就職に特化/1,2カ月平日缶詰状態でフル講義・実演/上京サポートあり

無料PHPスクール ⇒ PHPスピード1位/たった23日全力/就職率94%(離脱者除く)

LESALTO ⇒学生無料/オンラインでPythonも/SESを育てるプロの会社運営/就職先が明確でない

0円スクール ⇒上場目前会社の株式会社ブレーン・ナレッジシステムズに入社前提/通学のみ/ビジネススキルも

有料優良スクール一覧

レベル高め

RUNTEQ ⇒ 採用企業による評価1位/ 自社開発Webエンジニアへの転職 /本格派

DIVE INTO CODE ⇒コミュニティと分かりやすさ・雰囲気・バランス1位

ポテパン ⇒ 採用企業による評価高め/本格派

レベル普通を仲間とともに乗り越える

Tech Academy ⇒ オンライン1位/人数多く全国コミュニティ感/講師厳選・環境整い鉄板スクール/メンタリストDaigoおすすめ

DMM WEBCAMP ⇒ コミュニティ1位/チームで1つのゴール/難易度高めを仲間と乗り越える

CodeCampGate ⇒地方でも就職1位/難易度それなりをコミュニティで乗り切る

初心者に優しい

スキルハックス ⇒ 格安(7万全前後)で億越え社長・迫くんから直サポートを受け自分を変えたい人

テックアイエス ⇒愛媛発のグローバルスクール/武井壮さんCMで2021年最も勢いある/外国人講師もいてグローバル最先端の知識も

LESALTO  ⇒ コスパ1位/初心PHP,Java,pythonを格安で/学生無料

TechGardenSchool ⇒中高年1位/唯一の中高年用/超初心者向き

少し変わっている

アクロスアカデミー(AkrosAcademy)⇒中途半端なマンツーマンでなく「ワンオンワン」を求めるなら/オリジナルカリキュラム

Aidemy ⇒無料部分もあり。python特化でAI業界就職も。評判良い

AIジョブカレ ⇒AI1位/難易度高め/ITでなくAI業界への独自パイプで転職

Kredo ⇒英語×プログラミング1位/迫くんが卒業したところ/英語漬けで基本的なプログラミング・留学あり

大人のコスパ表はこちら(準備中)

子供向けスクールランキング

CREATE by KOOV ⇒間違いなくコスパ最強のロボプログラミング。日本製!管理人一押し

テックキッズスクール ⇒雰囲気1位/サイバーエージェント/ノリが良い雰囲気/

Code of genius ⇒中高生特化/小学生と混ざらない

キッズのコスパ表はこちら

地域別まとめ

北海道
旭川市

東北
青森県 | 岩手県 | 宮城県・仙台市 | 秋田県・秋田市 | 山形県 | 福島県郡山市

関東
茨城県 | 栃木県・宇都宮市 | 群馬県高崎市 | 埼玉県さいたま市 | 千葉県柏市 | 東京都 | 神奈川県

甲信越
新潟県・新潟市 | 山梨県 | 長野県長野市

北陸
富山県・富山市 | 石川県・金沢市 | 福井県

東海
岐阜県・岐阜市 | 静岡県・静岡市 | 愛知県・春日井市 | 三重県・四日市

近畿
滋賀県・大津市 | 京都府・京都市 | 大阪府豊中市 | 兵庫県 尼崎市 | 奈良県・奈良市 | 和歌山県和歌山市

中国
鳥取県 | 島根県 | 岡山県・岡山市 | 広島県 | 山口県

四国
徳島県 | 香川県・高松市 | 愛媛県| 高知県・高知市

九州
福岡県・久留米市 | 佐賀県 | 長崎県 長崎市 | 熊本県・熊本市 | 大分県・大分市 | 宮崎県・宮崎市 | 鹿児島県・鹿児島市

沖縄
那覇市

-プログラミングスクール評判, 大人

© 2021 プロスクマニア